動物にかまれたときの緊急処置

イヌやネコなどの哺乳類の口腔内、爪には、さまざまな細菌が繁殖しています。傷が深いとそのバイ菌が感染を起こします。また、動物によるケがで恐ろしい病気が狂犬病や破傷風です。動物によるケガは軽い傷で済むこともあると思いますが、自分で判断せず、すぐに受診する必要がある場合もあります。しかし、受診する前、緊急処置をすれば、危険性が下がります。


蚊虫さされの後、基本的には痛み止めや抗アレルギー薬、かゆみ止めなどで、腫れや痛みを抑えます。

ハチ
ハチに刺されると痛みと腫れが起こります。レビトラハチ毒に過敏な人は、一匹に刺されてもショック状態になることがあります。ですから、ハチに刺されると、残っている針を根元から毛抜きで抜くか、横に払って落とします。

ヘビ
蛇には無毒と有毒の二種類があります。毒液が直接目に入ると失明することがあります。日本での毒ヘビは、マム、ハブ、ヤマカガシです。ヘビにかまれた後、すぐに水でよく洗い流します。ヘビの毒素により脱水症状を起こしやすいので、水分を与えます。急いで医療機関に搬送します。

ネズミ
きずを清潔にします。どんな小さなきずでも、感染の危険があるので、必ず医師の診療を受けるようにします。

イヌ
イヌにかまれると、狂犬病にかかるリスクは高いです。狂犬病ウイルスは、イヌばかりでなく、ネコ、キツネ、オオカミ、スカンクなどによっても感染する可能性があります。動物に噛まれた場合には抗菌薬を用いるべきというのが一般的な見解です。