大家最後の緊急処置一課

1人を連れて行く家一群が世界を旅し、年間、彼らを遊歴したすべての国の、訪ねたあらゆる学問のある人、彼らが帰ってきた、みな学識才能が豊かである.

入城を前に、哲学者の郊外の一面の草の上に座って、年遊歴、みんなは博学な人で、今の学業はもうすぐ終わって、私達に最後の一課だろう!

弟子たちに囲まれて、哲学者の席に座って.哲学者は聞く:“今私たちが座ってどこか?」弟子たちは答えます:“今広野に座る.」哲学者の質問:野原の中には何ですか?弟子たちが雑草.

哲学者は、野原いっぱい生え雑草.今のはどのようにこれらの雑草を除く.弟子たちが非常に驚愕、彼らは思い付いていないで、ずっと検討奥妙な哲学者、最後に一課聞くのがこんなに問題のひとつ.

弟子がまず口を開いて、言います:“さえあれば、スコップでいい.」哲学者はうなずいて.もう一つの弟子に続いて火でもとても良い1種の方法.哲学者として、次の合図.第三の弟子振りかけて石灰がすべての雑草を除く.次の話は第4人の弟子で彼は、根こそぎにする限り、根を掘り出してばいい.

などの弟子たちが終わった、哲学者が立ち上がったが、授業はここまでにして、あなた達が帰った後に、それぞれの雑草を除いて.一年後の再会.

一年後、彼らはすべて来たが、元、出会いの場所はもはや雑草が生い茂っ、それに「満粟の田圃.弟子たちに囲まれて穀に座る、哲学者の到来して、しかしずっと来ない哲学者.

数年後、哲学者が亡くなった.弟子たちが彼の言論に、勝手に最後にフォローした章:私が広野に雑草を除く、方法は一つしかない、それは上の作物.同様に、魂無騒動、唯一の方法はそれに占拠で.

想像してあれらの学生たちの人生が欠けてもまたこの最後一課、博識のどれだけの意味.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です