脳卒中の応急処置

自分の近くにいる人が脳卒中になったら、きちんとした応急処置をする必要があります。応急処置をしないと、脳卒中を発症した人の後遺症が大きくなったり、命の危険にも関わります。脳卒中の発作が起こった人がいたら、周りの人は落ち着いて、冷静に対処することが大切です。

脳卒中が起きた場合、どうすればよいでしょうか。媚薬の激安販売 まず、頭を高くしないで、適当な場所に静かに移します。移動の際、頭ががくがく動かないように、首に手を当てながら移してください。昔は、「脳卒中が起きた場所にそのまま寝かせておきなさい、動かしてはいけない」というように安静が重要視されていましたが、現在まず安全を確保して後できるだけ早く救急車に よる搬送と急性期治療が必要です。

大切なのは、頭があまり動かないようにして、頭を水平にした状態で寝させてあげることです。頭を上げると脳への血の巡りが悪くなり、さらに意識がかすれ麻痺やしびれが悪くなるからです。ただし、その時の状態によって横向けにすることも必要です。

次に、掛かりつけの先生に病状を正確に伝えることが大事です。掛かりつけの先生に電話をかけ、慌てないで必要なこと「いつからどこでどうなったのか」を伝え、医師の指示に基づいて救急車で患者さんを運ぶことです。できるかぎり専門医のいる病院に運ぶのが良いでしょう。

脳卒中になる時、応急処置の方は出来る限り倒れた方を観察して、症状を細かく特定して救急センターに伝えましょう。麻痺、発語の異常など脳卒中と思われる症状を特定して伝えることが出来れば、向こうも脳卒中発作であり、緊急性が高いということを認識してくれますし、予めそれに適した応急処置を行う心づもりで来ることができます。

脳卒中であるかどうかを見分けることが必要となりますが、早漏通販サイト 症状を見て大まかに判断して下さい。特に、意識が無い、体の片側の麻痺がある、言葉が出にくい、呂律がまわらない等の症状があれば脳卒中だと思われます。医師に伝えるべきことは、いつ、どこで、何をしている時に起こったか、これである程度の病型の判断ができる場合もあります。

これらの情報から医師が判断して、「すぐ来て下さい」、「今から往診に行くから待って下さい」、「救急車をすぐ呼んでください」などの指示が出ることになります。以上まとめますと、脳卒中が起きたときの対応のポイントです。