茂林の緊急処置郷野彷徨うことになるわ

は高屏から出発し、騒ぎ立てるのが静かな郷野、車の峡穀の中で旋回は起伏して、靑空と白雲靑山碧水紅橋黄蝶の間に来て、ついに茂林.

高雄県茂林郷は南台灣小さな原住民郷、茂林、万山、ドー3つの村では、住民を主鲁凯族.濁水渓ものを横断して郷に、渓流の下で切削力強いだけでなく、鲁凯族の生命の泉も出茂林曲流彫刻地形ののみが、台灣の最も発達している最も華麗曲流ひと抱え、か細い声が絶えだえと続くパルスの河穀の地形.

Pは、

ドー建築とつかる野趣

Pは、

に沿って茂林の交通の要衝で、ドー村(古塔をのぞみ)は茂林三村の最も深いところでも、鲁凯族文化の最も完全な部落を保留する レビトラ 効き目.遠望ドー、へ南へ傾斜の台地で、標高約450メートル四方は山、肥沃な土壌に基づき、年配の口述ドー部族、最も早くある猟師と犬が何度も外出の狩猟,犬にいたい沼地河岸帰らない古い部族、ハンター信じ猟犬行かない意谓著は殘していいところには元に戻る部族指導し、部落へボスと調和して、新しい、一族への移転と今のドー村沼地,緊急処置、また同時に遊説別の部落と一緒に、ドー村にだんだん成形.

ドー一帯の温泉の渓穀の中では黒とグレー粘板岩、頁岩、鲁凯族はとっくに用カバー屋、彫刻、民国さんじゅう年前に、台灣はまだ多くの石板の建物、その後様々な要因が先住民部落に渡り、平地、先住民石板屋では社会の中で荒潰しや自然が倒壊し、殘された多くなくて、ただドー、大社、霧台などが200~300年以上の歴史にも見える伝統集落黒、灰石板構内.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です