読書も境緊急処置界

読書は実によい習慣.振り返って人生の四十年も、遍読んで紙に印刷の古今東西文学名著、歴史の典籍、逸話も八卦、世の中に人間の人生大書、勿論、聡明でた愚者の智能喜び、処世の心理状態で、人間としての品行方正、人生の方向を明示しましたが、その恩恵を受ける.

読んだ本の半生は何とも読み取り、何か目鼻立ち、後ほど考えてみて、私はやはりとても読書の過程を楽しむ.対照的に、私は一番懐かしい子供時代に読書の経験.時代ゆえ、読書して顕出書した貴重な、知識の魅力
レビトラ 安全性.

子供のころ、家が貧しくて、基本的な生活保障金もできない、本を買ってこんな贅沢な事さえ、それは想像だにしなかった.その時、父親たち好古典を読むの影響で、特に父と寝生産隊飼育駅の熱オンドルの上に、彼を聞いて私に話す前三皇五帝、孫悟空を魏征梦三セックスデート、斬泾河竜……これらの経典床しい物語は、私は読書が最も原始的な渇望して、これはその時代の子供にとって、とても貴重な経験.

当時破四旧、凡そ家秘蔵の史書の典籍のほとんどは、処分されてしまって、読書の欲望を満足したい、本当に容易ではない.幸いにその少し本の香りで根が苗红の家庭の中で、多少の何冊も出ない愛は普通の人も見て分からない本は、これは、本当に私はこの類の虫の福音.暇のときに、就学古代の黄生、一冊一ローカル貸し出し.言うことができて、小学校時代を楽しむのあれらの片輪の文学の名作、そんなとぎれとぎれに借りてまたじっくり読んでしまったの.

結局その時の本の出所はそれほど広く、Gangshangxiaoxueの若造にとっても満足できる読書の過分の望み、相対イラストの書籍、ときに、まずコミック(漫画).当時の本を何冊か借りに絵本、午後の放課後に、私はよく食事もそっちのけで、数十裏山道登る、家の玄関に立って、あれこれと哀願、約束約束、これがうまくに借りが手に入る.

家に帰って、ブロックを杂面饅頭、豆のようなランプを借りて、食べながら読むようになった.『西遊記』の中の唐僧師弟経81難しくて、勇斗異形、ついに西真経の物語を、私は私の心の底に深く刻んで孫悟空強かな経典のイメージがあり、鉄道遊撃隊にゲリラ飛車搞機関銃や血洋行、智打票車、夜襲臨城、打岡村などの物語が、今でも記憶に新しい.そして『樹海雪原》の中の杨子荣計略で攻め取る威虎山英雄の事績……言うことができて、その年に伝わる文学の名著にはほとんど知って毛皮の絵本を通じて.

最初の接触で文語文は読んでから和綴版《聊斎誌異》の啓蒙の.愛のための本、読書が好きなので、緊急処置、誰かの家に行っても、頭のことはあちこちで見る、ちょっと本を読むことができる.親戚の多くが知っている私の習慣で、所」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です