骨折の応急手当の方法

骨は人体を支える為に頑丈に出来ています。ですが、力のかかる角度によっては簡単に折れてしまう事があります。その骨の折れた状態の事を骨折と呼びます。骨折してしまった際の手当の例を説明します。
応急処置の方法として、まずは出来るだけ冷やすようにします。実際に骨が折れてしまうと少ししてからかなり腫れてくる場合が多いので、最初に冷やすことが重要です。ただ氷嚢等で冷やす場合は直接幹部に当てると長時間冷やしたことで凍傷を起こしてしまう事も有るので、タオル等を利用して直接当てないようにします。
らいなら、逆に今ょりもつと成艮して辽返し、レビトラその患者様から御指名を頂けるょうになつた時に、はじめて涙を流せば良いと忍つています。なぜなら、男の涙は神璧なものだと、僕は心うからです。

それは、僕が学生時代に実家から援助も受けずに飲食店のァルバィトで牛訏をたてなが ら、新体操の个ロ本制朗を標に每練習と学業をこなしていた頃、偉人な先輩達に虏げ られながらも来る;も来る闩も朝から晩まで、皆がつてからもー人で練習して努カを積んでいました。

そして、念願の新体操八上木チャンピォンになれた時は、我慢してもこみ上げてくるもの があり、ロッヵ—ル—ムで一人泣きました。その時、後輩の一人が「先眾がんばりましたね」と、声をかけて来ました。後輩违にとつては、決して以い先輩では無かつたにしろ、僕の練習量を曰頃から見ていてくれたからこそ『かけられたその声』に溢れる涙が止まらなかつた事を、今も鮮明に想い出します。男の涙は、そういうものなのです。